ターボビデオスタビライザー

簡単&強力
手ぶれを補正

プロ仕様の手ぶれ補正エンジンを、使いやすい形でお届けします。

概要

アクションカムでの撮影に手ぶれは付き物。 Turbo Video Stabilizer を使えば、手ぶれや歪み、映像の乱れを取り除いてスムーズな動画に仕上げます。

機能

3 軸、 6 方向の動きに対応

大抵の補正ソフトは 2 方向の動きにしか対応していません。 本製品は 6 方向に対応しています。 例えば、マウンテンバイクで山を駆け下りると、カメラはあらゆる方向に激しく揺れ動きます。

詳しい説明を読む

ローリングシャッター補正

多くのカムコーダーには CMOS センサーが搭載されていますが、ルーバー状のスリットで光を取り込む方式のため、高速で動作する被写体が歪んだり、画面にひずみが発生する場合があります。 例えば、オープンカーを高速で走らせていると、ビデオ内で高層ビル群が突然斜めに傾いて見えることがあります。 これがローリングシャッター現象と呼ばれるものです。

ビデオの回転

カメラを逆さに取り付けて、モードの変更を忘れてしまったら? iPhone で縦方向で動画を撮影したら? そんな時、ビデオの回転機能が役に立ちます。 そんな経験は誰にもありますから、ちょっとしたことですが便利な機能です。

複数の HD ビデオ フォーマットに対応

Turbo Video Stabilizer は、カムコーダーで使われる一般的なフォーマットにはすべて対応しています。 お父さんの古い Sony Handycam でも、お母さんの iPhone でも、あなたの最新の GoPro HERO3 Black Edition で撮った 4K ビデオでも、すべて補正可能です。 補正後の動画は、オンライン動画共有サイトで標準的に使われている H264 フォーマットで出力できます。

マルチコアに対応

ビデオにおいて、 3 軸 6 方向の動きを補正する作業は、もの凄い量の数学的計算をコンピューターに強いることになります。 そこで必要になるのがマルチコア、マルチスレッドへの対応です。 本製品は、 PC が許す限りの高速で、ピクセルごと、フレームごとに丁寧にビデオの補正を行います。

すべての Turbo Video 製品は、 ソーシャルメディアや動画共有サイトへに直接アップロード可能。

Facebook、 YouTube の他に、 muvee Cloud (muvee 社が提供するクラウドストレージサービス) にも対応しています。

動作環境



対応 OS:
Windows XP (Service Pack 3)
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 10
対応ビデオ フォーマット:
H.264、 MP4
動作確認済み機種: GoPro Hero、 Hero2、 Hero3、 Sony Action Cam HDR-AS15
CPU:
HD ビデオの表示には、十分なメモリ量と CPU 速度が必要とされます。 GoPro ビデオが問題なく表示できる コンピューターであれば、 Turbo Video Stabilizer は動作します。

ダウンロード版で今すぐ使い始める!